突然の風俗デビューで困惑

誰でもいい。本当にそうなんです

決して投げやりな意味ではないんですけど、風俗での相手は誰でもいいかなって。誰にしても満足出来るというか、今はもうどの女の子もルックス、性格。一定の水準を満たしている風俗嬢ばかりなので、それならもう細かいこだわりを持って選ぶよりも、それこそ誰でもいいんじゃないのかなとさえ思いますよね。特に繁華街だとその傾向が強いです。やっぱり繁華街だとライバルが多いからと言うのもあるでしょうね。競争原理が働いているからこそだと思うんですけど、どの女の子もハイレベルなので誰でも良いんじゃないかなって。昔、自分が風俗で遊び始めた頃はお店にハイレベルだなと思える女の子が少ないのもあって、風俗情報誌でかなり真剣に選んだり、風俗店に行ってパネルと長時間にらめっこしたりと言ったことも日常茶飯事でしたけど、今はもうそんなことをしなくとも上玉と遊べると思うと、時代も変わりつつあるんだなってことに気付かされますし、良い時代になったなと(笑)

一度のはずが、ベテランに

今思えば、風俗のデビュー戦の時、「とりあえず一度だけ」という気持ちで遊んだんです。ハマるかどうかというよりも、とりあえず一度だけ楽しんでみようと。それがです。気付いたら凄いことになっていたというか、それ以降、定期的に足を運ぶようになっていたから驚きですよね。自分でも信じられないというか、まさかそういったことになるとは思っていなかっただけに、かなり驚かされました。でも、それは分からない話ではないというか、むしろあれだけ魅力的な世界が広がっていることを思うと、そうなってしまったのもある意味では当然なんじゃないかなって思うんですよね。。だって風俗って基本的にとっても楽しい世界が広がっているじゃないですか(笑)女の子が男を満足させるべく、いろいろなことを楽しませようとしてくれるのはやっぱり嬉しいものですよね。それだけに、風俗は癖になってしまいましたけど、男としては仕方ない事なんじゃないかなって自分で思っています。