突然の風俗デビューで困惑

せっかくの渋谷の風俗に集中したいからこそです

自分にとって渋谷の風俗で遊ぶことは大切なイベントなので、遊ぶからには集中したいんです。
余計なことを考えず、満足を目指して目の前にいる風俗嬢と二人の時間を楽しみたいって思っていますので、そのためにスマートフォンの電源は切ります。会社から電話がかかってきたら嫌じゃないですか。それに、電話じゃなくても何かしらの連絡が来てスマートフォンが鳴ると、そこでどうしても気にしてしまう自分もいるじゃないですか。それがあまり好ましくないというか、集中しないのは勿体ないんじゃないのかなって気持ちになってしまうんですよ。
だって電話だとか連絡なんて本当はいつでもいいんです。緊急を要するようなことは、そうそうないんです。それなのに音に反応して相手への気持ちが散漫になってしまうのはとてつもなく勿体ないと思うんですよね。だから渋谷の風俗で遊ぶ時には、誰に言われるでもなくスマートフォンの電源を切って、意識は女の子だけに向けるよう心掛けたいなって思っているんですよ。

意識の高い風俗嬢

渋谷の風俗で初めて遊んだ彼女は、かなり意識の高い風俗嬢でしたね。それを実感したのは仕事以外での時間の使い方です。
風俗嬢とはプレイの前後とかにいろんなお話をするじゃないですか。その時、休みの日に何をしているのかという話になったんです。自分は寝ているだけなんですけど、彼女は渋谷にあるフィットネスクラブに通っていると。女の子がフィットネスクラブに通っているってだけでもちょっとした衝撃だと思うんですよ。だってあまり聞かないじゃないですか(笑)それに、別に太っている訳じゃないんです。太っている子がダイエットのためにフィットネスクラブに通っているのであれば分かりますけど、彼女は太っていないというよりも、むしろスレンダーで引き締まったボディなんです。
それでも彼女がフィットネスクラブに通うのは、スタイル維持のためだと。痩せるためじゃなく、太らないためだと。太るとお客が逃げていくから、太らないように体形をキープすべくフィットネスクラブに通っているんだと言うのを聞いて、渋谷の風俗にはこんな子もいるんだとさすがに感心しましたね。